Skip to content

日別: 2016年5月26日

黄レ麗:第七十五話:騎士

まるで僕の心境を表しているかのような雨。
この先を予見するかのように雨脚は強くなっている。
時折、季節外れの雷鳴も轟いた。
「雨は降るもんだよ。君の気持ちと関係なくね」
僕が彼女のことを知った頃だったと思う。
レイさんのことをそれとなく言った時、先生はどうしてそのように応じた。
どうして先生がそう言ったのは今でもわからないけど、ふと思い出した。
次はスズキの授業のはず。
ヤツの顔を見ればある程度の予測は出来るだろう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。