Skip to content

ジュゲの小説 Posts

第三章メモ

 書き留めたデータの一部発見。
ちょっとこっちに一部をサルベージ。
メモなので、先の話でネタバレ全開ご容赦くまさい。
どこに保存したのかなー。DVDかCDに焼いてあるはずなんだが・・・。

No12UP

 今更恥ずかしいですがUPしました。
えーっと、11話UPしたの・・・2007か8なのねw
どんだけ前やねん!!!って感じです。
何せ、色々大変だったもので、よく生きていたな俺って感じです。

しかも、

4話ぐらい欠落していおり、当初この話はNo16ってなってました。
データを探せど見つからないので恐らく整理をした際に削除してしまったようです。バックアップがあるはずなのですが、見つかりませんw 仕方ないので前後がつながるように3話ぶんすっ飛ばして内容を再整理中でしたのでNo12としてUPすることに。

改めて読むと、この回は面白くないので悩みましたが、まーえーかなーと。PDFにかえてからというもの2行だてだったり、今回は1行だったりとすいません。まだ決めかねているんですが、多分このスタイルにするかなーと。このスタイルは概ね日本の単行本の仕様なんですね。No11は新書の仕様なんですよ。海外小説が好きな私には2行は馴染み深いのですが、やはり読みづらいという意見は否めないので今回変えました。データ的にはinddで書きたいのですが、ソフトが重すぎるのでODFに。PDFにするのも楽だし、MSはア4過ぎて遂に嫌気がさしましたので。
この回は5,6回は書き直しました。気づいたのですが、書き直しだすと結果的につまらなくなるという罠がありますね。やはり大胆かつ緻密にやらないとダメですねぇ。

物語は第2章の水先案内人である、青の傭兵団をなんとなくご紹介する回になってます。
メインストーリーにはそんなに絡んでこないのですが、この時代にはこうした特異な傭兵団が数多くあったという背景のためもあり出てもらいました。また、ジュゲとは何かと過去もありそうで、彼らの口から語ってもらうこともありそうです。なので、ちょいちょい顔を出してくるでしょう。

私の設定では、青の傭兵団は家族のようなものです。
実際のところ家族ではないのですが、志が同じくして集まった4人が結果的に家族のようになっていた。そんな感じです。家族いうても精神的な立ち位置がであって現象としては兄弟的な雰囲気です。キングが父親のような存在で沈着冷静。あらゆることに精通しておりまさにリーダー。オカンがメカキチのクィーン。新しい機械とか買うと目が・::・(´∀`)ウットリ・::・、頬ずりしてエクスタスィな彼女です。特に大きくて無骨で強い機械や道具が大好きで、目もはばからず興奮してしまいます。ぶっちゃけると、性的対象として機械をみているので、人間には興味がありません。娘がアリスでフォースの神童。特に精神に働きかけるフォースパワーが強く要になっています。彼女のパワーで夢のなかから出られなくなった人は大勢おり、主に動物が好きで感染させる夢も動物系に走りがち。見た目とは違い恐ろしい餓鬼んちょで、ストレスがたまると自らほうりこんだ夢の中に遊びにいき弄んだりします。ちなみに、皆には内緒にしている歪んた遊びです。キングは気づいていますがw クィーンは興味ないし、ビショップは気づいていません。ヤンチャな兄ちゃんがビショップ。武器のスペシャリスト。トラブルメーカーでもあります。いつもやりすぎてしまいます。
他にもおりますが、ただでさえ登場人物が多いこの物語にサブの上に固有名詞があると大変なのではしょっていますw 実はアリスと仲のよいラビットというアンドロイドも設定内ではいたりします。そしてチシャというニューマン。ちょっと心を病んでおり勝手に失踪します。ま、通りすがることもあるかも。その他もろもろで傭兵団を構成しています。
装備としては、彼らが乗る船はワンダーランドという移動要塞等があり、傭兵団としてはかなりの金持ちです。特筆すべきはカードというクィーンが開発した独特なアンドロイド部隊を所有しております。他からの驚異とみなされています。ちなみにクィーンは自分の作ったモノには愛情を感じ無い人です。理由は驚きがないからだそうで・・。ま、本編とはなんら関係のない話でした。

そんわけで久しぶりの第十二話でした。

こういう女には気をつけろ

いかーん!思わず自分が書いた小説をホボ頭からラスト…

遺産

まさか本当にこんなことがあるなんて思わなかった。 …

(短編)黄色い雨合羽

何時ごろから夢に現れた幼女がいる。
80センチ程度の身長だろうか。小学生にしては小さい。
幼女はいつも寂しそうにみえた。
目の冴えるような黄色いレインコート、というより雨合羽を着ている。
フードを下ろし顔は見えない。
右足を退屈そうにブラブラさせ、水溜りを蹴っている。
その足には雨合羽と同じ黄色い長靴。

雨の中、彼女はいつも一人。
誰を待っているでもなく何をするでもなくたたずんでいる。
それを眺めている私がいる。
他に人影はない。
声をかけたい思いにかられるが何故か声をかけずに幼女を眺めている。
ある時は公園で、
ある時は八百屋の前で、
商店街で、
幼女はブラブラとしている。
誰も幼女に声をかけるものはいない。

ある日の夢で彼女は姿を消した。
いつもいた公園、八百屋の前、商店街にもいない。
私は夢の中で傘を投げ捨て必死に探した。
高まる不安と鳴り響く救急車の音。
何故か「彼女を助けなければ」という思いで頭が一杯になる。

その日はそのまま目が覚めた。

そんなことも忘れたある日、夢の中で幼稚園の前にいる自分がいた。
「ここはどこだ?この雰囲気は・・・」と夢の中で記憶を弄ると、黄色い雨合羽の幼女のことを思い出した。
ハッとしたと同時に、アノ子はどこだ?!という思いが頭を一杯する。
走り出そうとした瞬間、幼稚園の前にアノ雨合羽の幼女をみつける。
降りしきる雨のなか、幼女はいつもの黄色い雨合羽に黄色いゴム長靴、そして今日は何故か黄色い雨傘を差している。

「良かった・・無事だった」 と胸をなでおろす自分がいる。

今度こそ声をかけようと思い一歩踏み出そうとすると、女性が幼女の元に現れた。
何やら笑顔で二言三言話すと女性は幼女の手を引いた。彼女の母親だと直感的に思った。
彼女の顔は覚えていないが、爽やかな笑顔だった。

「良かった、よかった」 と頭の中で繰り返す私。

瞬間幼女と目があった。
彼女は昔からの友人であるかのように、ごく自然に手を振ってきた。
満面の笑みが見えた。
私は何の抵抗もなく彼女に手を振り、「良かったね」という言葉が口をついた。
彼女には聞こえなかったろうが、彼女は確かに1回頷いた。
生まれてははじめて涙が止まらなかった。
大丈夫、今日の雨は酷い雨だ。

第一なんで俺は傘をさしていないんだ?
酷い夢だ。でも良かった。
この雨だ、泣いていることはわかるまい。
恥じることもない。
遠慮なく泣こう。
声を出して泣こう。
この雨と雨音が全てをなかったことにしてくれる。

良かった。
本当に良かった。
もう会えないのは寂しいけど、
君がそれで幸せならそれが一番だ。

自分の嗚咽で目が覚める。
枕が涙で派手に濡れていた。
ゴミに埋もれた一人の部屋で、寝起きに大笑いする自分がいる。

「遂には頭もおかしくなっちまったか?!おい、お前、お前だよ。おい!」
しばらく笑いが止まらない。

一息つき静寂が訪れる。

何故か爽快な気分だった。
「おーし、やるか」
身体の奥底から力が湧いてくる気がした。

黄色い雨合羽の幼女。
名も知らぬ、顔も知らぬ彼女。
あの笑顔がずっと続くことを願う自分がいた。
そのためには俺が笑顔でじゃなければいけない気がした。

そうすればまた会えるかもしれないな。
今度はお互い笑顔で会いたい。

小説サイト

FCが小説ポータルはじめてます。//novel.fc2.com/
ブログでアップしようと思いながら未だ放置中の作品群ですが、書くとしたらここでもいいなぁなぞと思ってます。
ポイんですよ、色々と。ポクつくるのって結構まんどいしさ。
長編はあれだけど、短編には向いてそう。
アップした時はリンクはって、全部あがったらまとめるってのがイイかなぁ。
色々あって面白いねぇ。

しょっぱな書くのに向いているのは・・・
夏美のアレかなぁ。

白い地平の彼方に、銀色の球形を見た

明日もそうだと思っていた。
今日と同じように、
明日も当然同じようにくると思っていた。
明日も、
明後日も、
一週間後も、
一月後も、
春も、
夏も、
秋も、
冬も、
一年も、
十年も、
同じように、
ずっと同じように、
続くと思っていた。
心の底から。

終わりは来ると知っていながら。
目をつぶっていた。

レッドハート

ブルーハートの続編です。
あの後、色々あって・・・

二人は一緒に暮らすことになりました。
勿論、元は他人の男女ですから両親はともかく彼と彼女は大変ですよ。
こんなくだりを書こうと思ってました。

ブルーハート

短編1冊もので暗い話だ。気分次第では2部構成にしようかと思ったが、そこまではファイトが沸きそうにない。
男性と女性の性意識の差や、犯罪被害をテーマにした。全く境遇の異なる二人が不思議な交流を通して、次第に心通わせる物語。

彼女はクラスで「幽霊」と呼ばれていた。
友達はいない。
両親と弟を強盗殺人により失い、自らもその時に強姦された。
透き通るような白い肌、そしてスラッと伸びた四肢、丹精な顔立ち、近所で評判の美少女だった。
その日を境に彼女の生活は、人生は一変する。
親戚の下に預けられるが、精神的ショックによる奇行が目立ち親族からも見捨てられる。
今は生活保護を受けながら1人で住み、高校に通っている。

(長編)限りなくグレー

優柔不断で自殺願望の強い孤独な少女の内面の声を中心…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。