Skip to content

STG/I:第二話:救世主

「メーデー!メーデー!」

夢を見ている。
俺が夢を見る時は全て悪夢と言っていい。
今となっては体調のバロメーターでもある。

「嘘、駄目だよ、無理だよ、多すぎる、もうヤダ・・・死にたくない」

悪夢の内容で具合がわかるからだ。
夢に現実の知人が出る場合、悪い中では最も軽い。
長さでもわかる。
軽い悪夢で短いのは更に軽い。
具合が悪いことには変わらないが。

「助けて!助けて!誰か!誰かー!」

長い悪夢で幾何学的なものは最悪だ。
死が近づいている証。
夢の中で何かに負けると「死」が待っていると感じる。
負けたことはないが。

(この夢は・・・なんだろう?)

トウ!
サトウ!
サトウ!
サトウ!

(俺はサトウじゃね~・・・)

サトウ!
サトウ!
サイトウ!
サイトウ!

誰かが遠くで俺を呼んでいる。

お前は誰だ。
モニター越しにぼんやりと見えるお前。
誰?
年齢で言うと十代・・中高生?
甥か?
知らないな。

(いや知っている)

誰?

(ほら)
ほら?

(ほら?)

てめーらカスのせいでサイトウが死んだら全員拷問して殺してやる!
そうだ、お前の価値なんてヤツの百分の一もねーんだぞ!

(また内輪もめかよ)

殺せ!
我慢ならねー!このカス共を殺せ!じゃないと何時か俺たちが殺されるぞ!
そうだ・・・やっちまおう。
あいつらのスパイだよ!

(ゲームぐらい楽しくやろうぜ。可哀想に萎縮している)

黙ってろクソ共!
なんだとこの糞ガキ!
サイトウがいなかったら俺たちはどうやって勝つんだよ・・・
終わりだ・・・俺たちも地球も・・・
死にたくない。
死んでねー!勝手に決めんな!
死んだに決まってるだろ!

大勢が言い争っているようだ。

(ストレス貯めるならゲームなんかすんなよ・・・)

お前ら馬鹿か、尾を引いたの見ただろ。いくらサイトウでも不可能だよ・・
不可能じゃねー!サイトウなら絶対に倒す!
ハイハイハイ!ヤツは神様ですよね~。
馬鹿にしてんのか!
根拠ねーんだよ!

(すげーな、そのサイトウっての・・・)

根拠はあるだろ!ヤツが乗ってるのはSTG/Iだ!それだけ十分な根拠だろ!

(STG/I?なんだそれ)

馬鹿じゃねーのか!そんなん根拠になるか!サイトウは死んだんだ!
ママ・・・帰りたい・・・ママ・・・
泣くなガキ共!オカスぞ!
ママだとよバーカ、バーカ!
やっちまおうぜ。

(全くうるせー・・・なんなんだよ・・・)

ふざけんなテメー、少し強いからっていい気になってんじゃねーぞ!
誰がいついい気になったんだよ。
おめーだよ!竜頭巾、りゅ・う・ず・きん!

(竜頭巾・・・聞いたことあるな)

ほっときな・・・
聞こえてんぞクソビッチ!

「あ~・・・も~・・・夢の中ぐらいゆっくりさせてくれよ・・・」
「サイトウ?
サイトウ!
ビーナス!ビーナス!状況を教えてくれ。サイトウが覚醒したのか? ビーナス!」
「だから、うるせーって・・・」
「マスターサイトウは覚醒しました。
座標送信。
周辺区域にターゲット反応ゼロ。
生命維持正常。負傷無し。
機体損傷率66%。
使用可能武器ファランクスアロー。残弾3%。他不能。
メインエンジン補修不能。自己再生不能。
サブエンジン補修中、推定出力可能限界15%。
帰還不能。救援を要請。
秘匿回線GP09S開放ピアツーピア接続を希望」
「ビーナス、どうした?」
「マスターサイトウお帰りさなさいませ。救援を要請しました」
少し広いコックピット。
ネットカフェの個室より少し広いだろうか。
サイトウはサブモニターに映る女性を見た。
「ビーナス・・・何がおきた?」
まだ頭がぼんやりする。
「お忘れですか?」
「ああ」
「脳機能に異常は見られませんが、恐らく一時的な記憶障害かもしれません」
「それより何がおきた?」
「オススメはしませんが再生しますか?」
「頼むわ」
「わかりました。マイマスター」

逆側のモニターで戦闘記録が再生が始まった。

「メインモニターに映してくれ。よく見えない。最近老眼が進んでな~」
「老眼・・・ですか?」
「ああ」
「メインモニターに投影します」
上段のトップモニターには何やら大騒ぎしている基地の様子が投影されている。
「トップモニターの映像と音声はきってくれ、頭が痛い」
「かしこまりました」
「全くな、最近の日本人は随分と・・・・」
*
映像を見るとはなしに見る。
「駄目だ、引き換えせ!」
「あの馬鹿、なんで救出に向かってるんだよ!」
「サイトウ!お前ならわかるだろ、無理だ・・・奴らは助けられない」
「ヤメロ!無駄だ!」
画面が激しく動き周囲は浮遊物で溢れている。
どっちは上なのか下なのか、わからない。
とめどなく発射される光の槍。
何かが正面に張り付いた。

(なんだこれは?)

口のようなものがある。
タコなのか、イカなのか。
そもそも口なのか。
べチャリと張り付き、何やら溶けているようにも見える。
モニターが途絶えた。

「さっぱりわからん。お前の視点でいいから言葉でざっくり言ってくれ」
サイトウはシートに寄り掛かると目を閉じた。
「かしこまりました。マスターは分断された 仮称一○四分隊 六機を救出に単騎で救出へ。敵主力級推定約百。結果、全ての注意を引受へ分隊は帰還成功」
(なるほど狙いは俺か)
「戦闘の後、敵を掃討。推進装置大破につき現在漂流中です。以上になりますがよろしいですか?」
「実にわかりやすい」
「ありがとうございますマスター」
モニター越しの若い女性は微笑んだ。
長い髪。
ブロンド。
ハーフだろうか。
「誰が救出に来るって?」
「竜頭巾さまです」
「タッちゃんか・・・」
「はい」
「つないで」
「かしこまりました」
ジェスチャーでメインモニターを指す。
モニターに竜頭巾のコックピットが投影された。
「サイトウ脅かすなよ、何通信きってるんだ!」
「タッちゃん、お前が来たらマズイから他の誰かにしてくれ」
「駄目だ、僕が行く」
「お前が出たらマズイだろ」
「関係ねー」
(子供だなぁ)
「嬉しいけど、お前が抜けたら俺が困る」
「他のヤツは信じられない」
「そう言うな。頼むよ・・・皆が心配だ」
「やだ」
「陽動の陽動ってこともある」
「・・・」
「甘栗ちゃんいる?」
「いる」
「彼女に頼むわ」
「どういう意味だよ」
「彼女のSTGは整備特化だろ?」
「そうだけど・・」
「頼むよ。甘栗ちゃんをセンターに護衛二機で。チワワとパンちゃんなんかいいんじゃない?」
「・・・」
「厳しいことを言うようだけど、お前の機体では修繕に時間がかかる。それだけ全員が危険になる」
「・・・」
「ありがとう。お前の気持だけ受け取っておくよ。ごめんな」
「・・・わかったよ。一言いいか?」
「なに?」
「アイツはビッチだぞ」
「いいね~」
「いいのかよ」
「いいじゃない」
「ついていけん」
「はははは」
「シンでろ」
「つれないね~」
モニターは途絶えた。
「ビーナスはどう思う?」
「適切な判断だと思います」
「にしても可愛いなお前~。さすが俺。今度新しいアバター買ってあげような~」
「ありがとうございます。ただ、差し出がましいようですが、機種のバージョンアップが先かと存じますが。現在戦況は思わしくありません」
「いやいやいや、お前のアバターが先だよ。俺はほとんどアバターの着せ替えが趣味みたいなもんだから。今度あれだろ?水着アバター販売されるよね」
「はい。五日後です」
「あのサンバで着るみたいなのにしよう」
「それはちょっと・・・」
「なになに~イヤなの?」
「恥ずかしいです」
「いいね!決めた!是非とも着てもらおう」
「エエエェェェ・・・」
「あはははは」

(なんだこの夢)

悪夢のような。
楽しい夢のような。

(いや悪夢だな)

気分が重い。
ということは悪夢なんだ。
笑いながら笑っていない。
笑っているのは・・・。

(気を紛らわせているんだ)

中程度の悪夢だな。
結構調子悪いようだ。
ここのところ寒暖の差が激しい。
それが原因だろう。
低気圧がくると天気予報より早く気づく。
体調が崩れるからだ。
寒暖の差は最悪だ。
特に季節の変わり目はいつも生きた心地がしない。
でも最近はもっぱら変わり目以外でも寒暖の差が激しい。
地球も大変なんだ。
わかるよ。
住んでいるのが人間みたいな馬鹿共だからな。
同情するよ。
生きんが為。
俺の体も生きんが為なんだよな。
わかる。
わかるけど・・・もういいよ。
もう疲れた。
もう死んでいい。
終わりにしてくれ。

「あぁ・・」

目が覚めた。

「なんだよ、眩しいなぁ・・・ふざけ・・・」

モニターが煌々と部屋を照らしている。
体の反応が鈍い。
かなり下がっているようだ。
(なんか夢を見ていたな)
悪夢だ。
中程度の悪夢。
今日は寝ていた方がいいけど。
時計に目をやると、十四時五分を示している。
(また昼過ぎか)
一日が短い。

「あ・・・」

忘れていた。
昨日ゲームをインストールしたんだ。
体が喜んでいる。
楽しみが幾ばくかでもあるうちはいい。

(糞ゲーだったら速攻だけどな)

モニターには浅黒い長身の女性アバターが表示されている。
自室のよう。
宇宙船の中だった。
部屋にはいかにも狭いベッド。
一人用のパソコン机。
ノートPC。
簡単な筆記具。
デスクライト。
四人も入れば一杯だろう。
「ほほ~、シューティングゲームの癖に部屋つきか。無駄に凝ってる。なんの意味があるんだ?3Dロビー型なのか。今時このタイプは流行らないだろ?それにしても美人だな俺。バインバインだし。我ながらうまく出来た。脳みそ腐っているのに」
立ち位置を調整し、何度も自分を見ながらスクリーンショットをとる。
しばらく楽しんだ後、扉の前に立った。
”ロビーに向かう”
”ハンガーに向かう”
”作戦室”
”ショップフロアー”
行ける場所一覧のようだ。
「まずは・・・ハンガーかな」
*
「おーーーすげーな!」
サイトウのアバターは上半身を仰け反らせ見上げ、それに従ってカメラアングルが動き仰ぎ見る。
そこには巨大な円錐が鎮座している。
外壁は白くツルツルに光っている。
公式サイトでは気づかなかった細かい表面処理。
「想像以上!鳥肌たったわ。ゲームで感動するの久しぶりだな。もう感動なんてしないもんだと思ってたけど。コイツぁすげーぞ。なんで過疎ってんだよ。なんだこの無駄技術。すっごいなこのアングル。スケール感が半端ねー!・・・えーっと設定はっと・・・コンソールか」
締め切った薄暗い部屋。
雨戸の隙間から僅かに漏れる光からすると晴れのようだ。
モニターに照らされたサイトウの顔は瞳孔が開いていた。

ひとしきり見るも、これといって今は何も出来ないよう。
「戦果がないと無理っぽいな。武装はパルスバルカンのみか・・・。名前がつけられるとはわかってるね。どうしようかな~。ヤッバイ、興奮しすぎて身体震えるわ・・・でも」
自らの意思とは裏腹にサイトウは目を擦った。
起きたばかりなのにもう眠くなっている。
瞼が自らの意思をあざ笑うかのように閉じようとする。
でもサイトウは食い入るように見た。
「課金してーなー・・・でもま、あれだ、ある程度レベル低いうちに把握しておかないとな。・・・あーヤバイ!あー眠い!あーコーヒー!」
立ち上がり電灯をつける。
三歩で台所。
テーブルは置き場がない。
浮島に林立するビルのように、調味料、ドレッシング、インスタントコーヒー、ココアの瓶が置かれている。その中の三割は中身が空のよう。まるで秘密基地のように電機ポットが中央に置かれている。コンセントをさすと、今や懐かしい電子音がなり、電源が投入されたことを伝える。いかにも一人用の二リットルサイズ。ブラウンカラー。年季が入っている。天板にはホコリが少し積もっていた。空瓶を何本かテーブル下に起き、スペースを作る。
まだ湯だっていないにもかかわらず彼はポットからキャラクターのプリントされたマグカップに水を注いだ。そして一口。
「あ~・・・生き返る。眠い・・・」
トイレに入り便座に座った。
身体が鉛のように重い。
「湧くの待ってられんな。ロビーに行こう」
弾む心とは異なり状態はよくなかった。
トイレが出てきた彼は前かがみ、足元はおぼつかなく、眉をしかめ、片目はモニターを捉えている。

「ロビーはっと・・・」

Published inSTG/I

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ