Skip to content

タグ: 黄色い雨合羽

黄レ麗:第七十四話:生徒たち

マキが真っ先に僕の元に走って来た。
「今度は逃さねーぞ!」
僕の腕を強く掴む。容赦のない力。
彼は必死の形相で僕を見据えた。
(お前は僕に何を見ているんだ。どんな思いを感じている?)
ナガミネが駆け寄ろうとし机の足にぶつけたのか苦悶の表情を浮かべるも直ぐ気持ちを立て直しやってきた。それにヤス、ミツ、マイコちゃんも自然と集まる。それを目にし、胸の奥底から形容しがたい何かが込み上がり僕は思わず、
「みんな・・・ありがとう」
口をついた。
「どういう意味だよ!お前・・・ユウレイと心中でもする気じゃねーだろうな・・・」
僕の何を見てそう思ったんだ。
「マッキー落ち着いて」
マイコちゃんは声をひそめた。
「マーちゃん・・・」
ヤスが珍しく真剣になっている。
ナガミネは言葉にならないようだ。
眉を八の字にし目を潤ませ僕をただジッと見つめ、言葉にならない言葉を発している。
口火を切ったのはミツだった。
珍しく怖ず怖ずと尋ねる。
「色々と聞きたいんだけど・・・時間あるかな」
応える時間はない。
「いかなきゃ」

黄レ麗:第七十三話:先生たち

「上手いこと言うな!」
学年主任の憤りは書道専科のササクラ先生の思わぬ援護射撃に霧散する。
「ササクラ先生、驚かさないで下さい」
彼女は何時も通り体裁だけは繕ったが剣先の鋭い語気をはらんだ。
「すいません。彼の見事な一言に『してやられた!』と思ったものですから。身がしまる思いでした」
僕はなぜか書道は選択しなかった。
我ながら興味が無いんだろうと思う。
「重ねて生意気な口きいてすいませんでした」
オグラ先生は応えなかったが、代わりにササクラ先生が僕に問うた。
「お前の師匠はどこの会に属しているんだ?」
会?どういう意味だ。
「存じ上げません」

黄レ麗:第七十二話:理不尽

スズキを見た瞬間に抑えていた憤りがマグマのように湧き上がる。
真っ赤な血が全身を駆け巡り噴出口である僕の表情となって出る刹那、先生が口を開いた。

「よースーさん元気かい!久しぶりだね~」

職員室中に響く大きな声。
その声に行き場を失った憤りは一気に沈下した。
(本当に先生のお弟子さんだったのか・・・)
先生はまるで我が家のようにズカズカと中へ入っていく。
度胸が座っているのか無神経なのか。
こういう所は本当に羨ましい。
ところがスズキは険しい顔で眉をしかめている。
(やっぱり人違いなんじゃ・・・)
容赦のない不信感を全身に纏い先生に歩み寄った。

黄レ麗:第七十一話:対決

嘘みたいだ。
レイさんは今まさに先生の隣にいる。
制服には着替えていない。
学校へ向かう道、僕らは三人で歩いている。
予想とは違いレイさんは先生の求めに応じた。

(今でも信じられない)

少し早めに先生の宅へ立ち寄り、そこからレイさんのアパートに行く。
レイさんはいた。
何事もないように。
「いや~レイちゃん久しぶりだね。ちょっと今から付き合ってくれないかな」
先生が言った言葉はそれだけだ。
僕は彼女に合わす顔がなかった。
二人だけの秘密をペラペラと喋って軽薄な男に思えたからだ。
(応じてくれる筈がない)
僕の思いに反し彼女は言った。

黄レ麗:第七十話:取引

「そりゃ駄目だ。ヤメな、悪いことは言わない」

どうして先生まで。
先生ならわかってくれると思ったのに。
彼女の何がいけないんだ。
今の話でどうしてそう言える。
彼女の何を知っているって言うんだ。
なんで皆は彼女のことを嫌う。
「・・・悪魔との取引って言いたいんですか?」
ナガミネは言った。
彼女と何かをやり取りするということは悪魔との取引だって。
先生にはマイコちゃんとナガミネの話はしていない。

黄レ麗:第六十九話:先生と僕

先生の教室が見える。
何をしようと言うんだ僕は。
そもそも先生は部外者もいいところだろ。
どうにかなるなんて思ってはいない。
聞いて欲しい。それだけでいい。
(先生はセラピストじゃない)
そうじゃない・・・違うんだ。
(学校にいるだろカウンセラーは)
カウンセラーは他人なんだ。
何を言われても心に響かない。
でも先生は違う。
親身になって聞いてくれる。
やったことを言うし、やってることを言う。
今の僕にはすがる希望が欲しい。
(希望・・・)
何かあったような。
(あ、ナメカワさん・・・)
僕は不意に彼女のことを思い出す。

黄レ麗:第六十八話:対話

放課後を待って僕は幼稚園へと向かう。
君を初めて見た場所。
いや、違う。
それまでも見えてはいた。
背景のように、それこそ幽霊のように見ていたんだろう。
目には映っていたんだろうけど認識していなかった。
僕はココで君を君として認識した。
雨の中、何かを楽しそうに待つ女性。
誰かと思った。
鼻歌まじりで幼い少女のようにゆらゆら揺れて。
黄色いレインコートに傘に長靴。
学校では奇妙にしか見えなかったその出で立ちが夢の一幕のように見えた。
君は絵画のように美しく綺麗で。
雨は次第に強くなる。
太陽も落ちかけかなり薄暗い。
廃園になった幼稚園の門前。
あの日のように君は立っていた。

黄レ麗:第六十七話:アンタッチャブル

レイさんがスズキ先生に手を出す?
あの動揺しないレイさんが。
今まで先生方に対して一切動じたことの無い人が?
(そんなわけあるか!)
手を出さざる負えないことだったんじゃないのか。
何かあったんだ。
何をされたんだ。
彼女が一体何をした。
どうして神様は彼女ばかりにこんな仕打ちをするんだ。
だから僕は宗教なんて信じないんだ。
こんな不公平が堂々と行われている癖に!

黄レ麗:第六十六話:君のいない雨の日

今日は雨。
思い切り息を吐くと、わずかに白い気がする。
いよいよ寒くなってきた。
それでも僕は身も心も温か。
後ろ髪引かれる思いで旅立った修学旅行。
本当に良かった。楽しかった。
ハプニングもあり大いに盛り上がる。
僕にとって生涯忘れられないものとなった気がする。
唯一残念なのはこの記憶にレイさんがいないこと。
旅が人の心を開放させるのか、それともそういう気運だったのか。
互いの堅苦しさがほぐされ、元の鞘に収まっていく。
ナメカワさんが「写真撮ろうよ」と僕の腕を引き寄せた時に彼女の胸が少し当たる。
夜は待ってましたの大暴露大会。

黄レ麗:第六十五話:別な顔

「昨日はご免ね」
「何が?」
「なんだか感じ悪かったでしょ」
「そんなことないよ」
「でも、マーさん悲しそうな顔していたよ」
「そうだったんだ」
悲しそうな顔。
レイさんにはそう見えたんだ。
悲しかったのかもしれない。
昨日は今までで一番遠くに感じた。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。