Skip to content

タグ: 恋愛

黄レ麗:エピローグ:これからの二人

先生はいきりな不機嫌になった。
「怖気づいたか」
「え・・・」
僕がミズキちゃんのことを言うまでは機嫌よさそうだったのに。
「それでも男か」
「あの・・・」
「キンタマついてるのかって聞いてるんだ!」
僕は縮み上がった。
先生の怒声に。
この不理解に。
先生がどうしてそんなに怒るのか。

ほんの僅か前。

黄レ麗:第五十八話:それぞれの勇気

「うぜーんだよ」
ナリタ・・・お前・・・そういうヤツだったのか。
挨拶だけでウゼーとか、どんだけお前のハートは薄いガラスなんだよ。
今時のガラスの方がよっぽど丈夫だぞ!
心の痛風か!
無視され出してからも朝すれ違ったり目の合ったクラスメイトには声をかけている。僕が今、学校で声を発する唯一の機会。
ナリタに挨拶したらコレだ。
落ち着け。相手のペースに飲まれるな。
笑顔で取り繕いそうになる自分を抑え、黙って見返した。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ