Skip to content

カテゴリー: 単発オリジナル

(短編)黄色い雨合羽

何時ごろから夢に現れた幼女がいる。
80センチ程度の身長だろうか。小学生にしては小さい。
幼女はいつも寂しそうにみえた。
目の冴えるような黄色いレインコート、というより雨合羽を着ている。
フードを下ろし顔は見えない。
右足を退屈そうにブラブラさせ、水溜りを蹴っている。
その足には雨合羽と同じ黄色い長靴。

雨の中、彼女はいつも一人。
誰を待っているでもなく何をするでもなくたたずんでいる。
それを眺めている私がいる。
他に人影はない。
声をかけたい思いにかられるが何故か声をかけずに幼女を眺めている。
ある時は公園で、
ある時は八百屋の前で、
商店街で、
幼女はブラブラとしている。
誰も幼女に声をかけるものはいない。

ある日の夢で彼女は姿を消した。
いつもいた公園、八百屋の前、商店街にもいない。
私は夢の中で傘を投げ捨て必死に探した。
高まる不安と鳴り響く救急車の音。
何故か「彼女を助けなければ」という思いで頭が一杯になる。

その日はそのまま目が覚めた。

そんなことも忘れたある日、夢の中で幼稚園の前にいる自分がいた。
「ここはどこだ?この雰囲気は・・・」と夢の中で記憶を弄ると、黄色い雨合羽の幼女のことを思い出した。
ハッとしたと同時に、アノ子はどこだ?!という思いが頭を一杯する。
走り出そうとした瞬間、幼稚園の前にアノ雨合羽の幼女をみつける。
降りしきる雨のなか、幼女はいつもの黄色い雨合羽に黄色いゴム長靴、そして今日は何故か黄色い雨傘を差している。

「良かった・・無事だった」 と胸をなでおろす自分がいる。

今度こそ声をかけようと思い一歩踏み出そうとすると、女性が幼女の元に現れた。
何やら笑顔で二言三言話すと女性は幼女の手を引いた。彼女の母親だと直感的に思った。
彼女の顔は覚えていないが、爽やかな笑顔だった。

「良かった、よかった」 と頭の中で繰り返す私。

瞬間幼女と目があった。
彼女は昔からの友人であるかのように、ごく自然に手を振ってきた。
満面の笑みが見えた。
私は何の抵抗もなく彼女に手を振り、「良かったね」という言葉が口をついた。
彼女には聞こえなかったろうが、彼女は確かに1回頷いた。
生まれてははじめて涙が止まらなかった。
大丈夫、今日の雨は酷い雨だ。

第一なんで俺は傘をさしていないんだ?
酷い夢だ。でも良かった。
この雨だ、泣いていることはわかるまい。
恥じることもない。
遠慮なく泣こう。
声を出して泣こう。
この雨と雨音が全てをなかったことにしてくれる。

良かった。
本当に良かった。
もう会えないのは寂しいけど、
君がそれで幸せならそれが一番だ。

自分の嗚咽で目が覚める。
枕が涙で派手に濡れていた。
ゴミに埋もれた一人の部屋で、寝起きに大笑いする自分がいる。

「遂には頭もおかしくなっちまったか?!おい、お前、お前だよ。おい!」
しばらく笑いが止まらない。

一息つき静寂が訪れる。

何故か爽快な気分だった。
「おーし、やるか」
身体の奥底から力が湧いてくる気がした。

黄色い雨合羽の幼女。
名も知らぬ、顔も知らぬ彼女。
あの笑顔がずっと続くことを願う自分がいた。
そのためには俺が笑顔でじゃなければいけない気がした。

そうすればまた会えるかもしれないな。
今度はお互い笑顔で会いたい。

白い地平の彼方に、銀色の球形を見た

明日もそうだと思っていた。
今日と同じように、
明日も当然同じようにくると思っていた。
明日も、
明後日も、
一週間後も、
一月後も、
春も、
夏も、
秋も、
冬も、
一年も、
十年も、
同じように、
ずっと同じように、
続くと思っていた。
心の底から。

終わりは来ると知っていながら。
目をつぶっていた。

レッドハート

ブルーハートの続編です。
あの後、色々あって・・・

二人は一緒に暮らすことになりました。
勿論、元は他人の男女ですから両親はともかく彼と彼女は大変ですよ。
こんなくだりを書こうと思ってました。

ブルーハート

短編1冊もので暗い話だ。気分次第では2部構成にしようかと思ったが、そこまではファイトが沸きそうにない。
男性と女性の性意識の差や、犯罪被害をテーマにした。全く境遇の異なる二人が不思議な交流を通して、次第に心通わせる物語。

彼女はクラスで「幽霊」と呼ばれていた。
友達はいない。
両親と弟を強盗殺人により失い、自らもその時に強姦された。
透き通るような白い肌、そしてスラッと伸びた四肢、丹精な顔立ち、近所で評判の美少女だった。
その日を境に彼女の生活は、人生は一変する。
親戚の下に預けられるが、精神的ショックによる奇行が目立ち親族からも見捨てられる。
今は生活保護を受けながら1人で住み、高校に通っている。

(長編)限りなくグレー

優柔不断で自殺願望の強い孤独な少女の内面の声を中心…

少年犯罪者A(仮)

これは、ここ数年前から暖めつつある素材だが、あまり…

カムイカムナ

これは様々な変転を通して出来た原案。出来たという次元でもないか・・。未だ妄想中。
動機の大元は、大学時代に菊池秀行さんの”せつら”だったかという主人公が出てくる小説が好きでハマっていた時に、俺ならコウスル!的なことから端を発する。その後、夢枕獏さんのミスター仙人九十九乱蔵で「この人は天才だー!」と凶器乱舞して更に変転する。その時にある程度かたまりつつあった原案を他人様にみてもらい 「なんか・・ありがちだね」の一言で「オーマイガーッ!」と咆哮、一気にテンションが消えた。

よく考えたら当然だ!この原案は影響されまくってるw素晴らしき日本的冒険小説を描き続けている両氏へのオーマジュといっていい。んな偉くも無いがw 自分なりに消化を待ち、ようやくこの原案にたどり着いた。

屋根上の白

これは実体験から夢想した物語。
ある暑い日、俺は焼きそばを作っていた。
外から聞こえる赤子のような声、
近くから聞こえる。
台所の窓を何気なくザっと開けたら、小さな小さな真っ白い子猫がいた。
子猫は赤子のような声で「みゃーみゃー」と鳴いている。

今でも忘れられない光景だ。
子猫はお腹が空いていたのか焼きそばの匂いにつられたんだろう。
あまりの可愛さに招きいれたくなったが、葛藤末に諦める。
責任持って飼えないのなら、焼きそばもなしだ。
諦めて窓をしめた。
泣き声を延々と続く。
泣き声が途絶えると、心配になって窓を開けてみたが、子猫はいた。
そんなことを数回繰り返しているうちに子猫は消えた。

今でもあの子はあの後どうしたのだろうと気になっている。
それを小説にした。

ひまわり

SNSがそう呼ばれる前に書いた原案。
元々は2つの別々な原案だったが一つにする方向性で考えている。

生まれながらにしてXPという病と闘っている少女の物語。
物語はSNSに記入された彼女の日記と、
コメント達を主軸にして展開される。

この原案を書いたのは8~10年ほど前だが、後に
XPという病が映画化やドラマ化され認知度がかなり上がったり、
”電車男”なるものが登場したおかで一気にテンションが下がりやめた。

んが、
要素としては思いいれがあるので別な形でもいいので叶えたい。
先生にお願いしてロゴまで書いてもらった。

夏美と夏子の夏

15年前に途中まで書いてほっといたけど、シチュエーションとしては好きなのでいつか続きをと思ってる。今でいうナナっぽい要素があるけど本質的にはちゃうかな。
物語は17歳同級生である夏子の自殺から始まる。(いきなり暗いね)
誰よりも仲がよくて、
誰よりも好きで、
誰より、
何よりも大切に思っていた夏子が、
何も言わずこの世を去った。
こんなモノローグから物語はスタート。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ