Skip to content

月別: 2019年3月

STG/I:第八十九話:贄

今回のみ実験的に音声合成による朗読を作ってみました。

日本・本拠点 防衛圏外縁部。

 

隠蔽しつつ距離をおいて着地する。

どの程度でバレるかわからない。

味方から敵と認知されても厄介。

敵を知り己を知れば百戦殆うからずとはよく言ったもの。

今の自分は、敵はおろか、自分もわかっていないことが判った。

 

(STGレベル十の索敵装備を調べる必要がある)

 

凄まじい数のSTG28が集結しているのがわかる。

初めてブラック・ナイト防衛戦に参加した時は数が少なかった。

如何に今が充実しているかが伺える。

STG/I:第八十八話:空腹

寝転がってウトウトしているシューニャ。

大きな陰ができる。

陰に気づき目を開けた。

その正体を見上げる。

「グリンじゃないか、どうした、随分と大きくなって」

身の丈十メートルほどあろうか。

グリンはシューニャを見ると、何時ものように頭の中に語りかけた。

STG/I:第八十七話:独り

帰還して一週間が過ぎる。

 

思索と対話と実験の日々。

聞くに、宇宙人共は襲ってこないようだ。

ただ、波の様に不安が襲ってくる。

この前も、その前も、本部は把握していなかった。

あの時、ビーナスの提案通りにソナーを打っておいた方が良かったかもしれない。

 

過去の判断に対する後悔が津波となって押し寄せる。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。