Skip to content

月別: 2017年12月

STG/I:第四十三話:無知と未知

永遠とも思える静寂。

何時からか、どこからか、地鳴りのような音がしていることに気づいた。

意識を飛ばし、それとなく探る。

どうやら巨星の奥からのようだ。

振動は次第に大きくなる。

加速度的に。

日本人の性か、あの大きな地震の経験からか、サイトウは思わず僅かに目を開け身構えた。

STG/I:第四十二話:捕食者

「・・・眩しい」

 

出たいと思った。

トンネルの先に光が見えた時。

ここは居心地が悪いわけじゃないけど、寧ろ居心地はいいんだけど。

出たいと思ったんだ。

どうしてか。

あの光の所に。

行けなければいけない。

「行きたい」

あの光の先に。

必死になって這いずって。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ