Skip to content

やり彼:第一話:やりたい彼女

(あらすじ)

18才にして経験人数100を越えたと言う美人の彼女と成人式で再開する。
それから今もちょくちょく会う関係が続いている。
俺からしたら気を使わなくてもいい相手。
彼女からしたらコンプリートしたい相手、らしい。
やりたい彼女と、思い出は大切にしたい俺。
どう考えてもうまくいくはずがない。

(留意事項)

・R15指定にします。
・セクシャルな表現や要素を多分に含みます。ご注意下さい。
・不定期連載。
・小説家になろう、pixiv、自らのサイトで同じ内容を掲載。
・修正は自サイトでのみ行います。

第一話:やりたい彼女

俺の友達に男好きな彼女がいる。
男が好きというか、アレが好きというか。両方なのか。
何せ十八才にして百人ギリ。
北欧帰りと聞けばそれも頷ける。
今にして思えばなんという十代の偏見ぶりか。
当時の俺としては開いた口が塞がらなかった。
それで不細工ならともかく可愛いときたから世の中というのはわからない。
挙句にエロイのだ、やたらエロイ身体をしている。
今思い出してみてもあれこそがエロテロリストだろう。
その一方で彼女は皆から尊敬の念を浴びていた。
主に男子だが。

彼女に関する多くの情報は近隣の高校を巻き込んだ都市伝説になっていた。
例えば百人とやっている割にクラスのヤツとは誰ともやっていない点もそうだ。
修学旅行の時に確認した。
鉄の誓いだったから嘘はないだろう。
クラスメイトにはヤリ目的で何人かコクったようだが玉砕。
現役AV女優じゃないかと噂にもなった。
俺らは彼女に似ているAV女優を見つけては盛り上がった。
本人に尋ねたが違うらしい。
でも俺らの妄想は留まることを知らず。
数え上げればキリがない。

少なからず我が青春時代において大いに話題を提供してくれた女子だった。
本来なら女子から総スカンくらっても不思議じゃないエロ伝説が多いのだが男女共に人気があった。他校の連中に言わせれば「全員とヤッて配下に置いている」という都市伝説が生まれたほど。クラスの連中からしたら「世迷い言」である。
何せ気さくな性格。
馬鹿っぽい割に成績は悪くなく、サッパリした性格で、権力に負けない。
思い出した。
権力に負けないエピソードで言えば、女子に手を出した不埒者をローリングソバットで病院送りにしたのは伝説になっている。挙句に本人と相手の先生の間に立ち、表沙汰にしないかわりに職を退いて貰う等、八面六臂の活躍である。男気があってサッパリしてて媚ないのも人気の理由だと思う。

男子からすれば、可愛くてエロくて、人気が出ないはずはない。

ところが怒ると恐ろしい。
ローリングソバット事件からして彼女がキレルと手加減を知らない。
あれも下手すれば退学だ。
血気盛んな十代の俺ら、今ならそんなことしたら大事だろうが、
「ちょっとぐらいならいいかな」
その放漫な果実に触れようものなら高速バックハンドブロー。
打撃はまだいい。
関節をとられたら洒落にならない。
野球部のイノなんか、あれで選手生命が絶たれたと言ってもいいかもしれない。
投げられるなんてしょっちゅう。
クリーンヒットした数名が病院送りになった。
この鉄壁さから、実は処女なんじゃないかとの噂も流れ、アイアンメイデンの異名まで飛び出した。
ま~それはないだろう。俺たちの儚い妄想だ。
百人ギリなんだからメイデンじゃねーだろって話だ。
彼女は嘘をつかない。
人気の理由の一つかもしれない。

好きなヤツにはやたら触る癖に、嫌いなヤツには一切触らない。
超わかりやすい。
どっこい自分からは触る癖に、こっちからは触らせないのだ。
なんて無礼千万!
俺も学生時代にさわり返した途端、木の葉みたいにクルっと回転した。
クラスメイトの間では有名だったが、投げが最も親しい証だ。次に打撃、関節をとられたら嫌われた証である。だもんだから投げられて喜ぶヤツ多数。
そして差別はしない。
無礼な女子にも容赦はしないときた。
嫌われ者で有名なゴキンちゃんとか平気で喋れるのは彼女ぐらいなものだった。

そんな彼女と成人式の場で二年ぶりに再開する。
「ね~何考えているの?」
今まさに俺の耳元で囁いている女性、それが伝説の女メソだ。俺はそう呼んでいる。
耳元で囁やかれるとか・・・下半身にビンビン来るじゃないか。
「やめろ、感じるだろ」
「感じていいの」
エロイ。
「寄るな!」
なんでだか知らないが、何かっていうとウチに着て遊ぼうという。
挙句に今みたいにおパンツ丸出しだし。
あれだ、最初こそ興奮したが、あそこまでしょっちゅう見えていると逆にどうとでもよくなるものだな。俺の夢を返せと言いたい。
「今、見たでしょ」
「見たとも言えるし・・・見せたとも言える・・・」
「えへへ」
可愛い。
なんなんだ。
お前・・・一体なんなんだ!?
反則だろ。
その彼女と三年たった今も友人関係が続いている。
俺は未だに不思議でならない。
「あのさ、お前・・・俺のこと好きなの?」
「何、またその質問?」
「なあ?聞きたいんだ」
「好きだよ」
「でもお前の言う好きって・・・」
「likeだって言うんでしょ」
「そうだよ」
「loveだって言ったじゃない」
だからパンツを一々見せるな。
ガン見すると閉じやがる。
なんなんだ。
見せるのか見せないのか、ハッキリしてくれ。
心の置き所がわからないだろ。
「そうは思えないんだがな」
「じゃ~愛って何?」
「愛っていうのは、こう、心から求めるようなぁ・・・」
「知らないじゃない」
「うん・・・わからん」
「愛を教えてあげる・・・」
「やめろ!触るな!」
メソは未だに自分からは触る癖にこっちが触るのは拒否る。
こっちから触れないならいっそ触れてほしくもない。
こいつのせいでモヤモヤしっぱなしだ。
技のキレは年を追うごとに増し、今では冗談でも振れられない。
ただし以前はうっかりクリティカルヒットすることがあったがそういうことは無くなった。何事も熟れると技に磨きがかかるようだ。
「ウブなんだから」
くそ、可愛いな。
いや、今や可愛いというか美人寄りだ。
凄く・・・エロイです。
「お前さ・・・なんなん?」
「なんなん?って」
「どうしたいの?」
「ヤリたいの」
これだよ。
わからない。
「居心地がいいのキミん所は。癒されるっていうか」
「男として見られてない感じが・・・」
「見てるからヤロウって言っているんじゃない」
「なんか・・・違う気がする。お前さ、ヤレればなんでもいいわけ?」
「いいわけ無いでしょ。何、私のことヤリマンだって言いたいの!」
なぜに怒る。
「そうじゃないけど・・・」
「非道い!」
違うと言うのか?
わからん。
お前の線引がわからん。
確かにメソは嫌いなヤツには指一本触れない。
バックハンドブローするにしても直に触れないように気を使うほどだ。
嫌いなヤツに対するあれは下手すれば死ぬレベル。
好きなヤツを投げる時は投げ方が実に綺麗で、ちゃんと考えて投げている。
投げに愛情があるのだ。
俺は友人たちに羨ましがられたものだ。
「いいなーお前!すげー綺麗に投げられてたぞ、好きってことだろ~」
どういう羨ましがられ方だ。
「親父さん元気?」
「元気、元気!元気すぎて大変よ」
彼女の親父さんは海外で活動する総合格闘技の選手。
「お母さん、今何人ぐらいいるの?」
「先月は五人だった。あ!でも手紙からすると二人増えたかも」
挙句に重婚だ。
ま、法的な籍に入っているのかどうかは定かではないが。
よく平気だな。
「メソはデビューしないの?」
「やだやだ汗臭いし」
なんたるしょうもない理由。
世界がお前を待っているというのに。
そもそもメソが日本にいるのもパパラッチの目から遠ざける目的だったらしい。
「そうなんだ」
格闘技のサラブレッドがデビューせんでどうするって気もするが。
「お父さん凄いな・・・色々な意味で」
「そうかな~?娘からしたら単なる女好きよ」
お前も大概だけどな。
「よく似た親娘だよ」
「それ・・・なんかヤダ」
いやいや大概だぞお前。
「お父さんイケメンなんだな・・・この前ネットで見たよ」
「え何それ、そっちなの?」
いやいや、真顔になるところじゃないだろ。
「違うけど、何か?」
「良かった~、私の目が曇ってなくて」
そっちかよ。
「それに強いし・・・べらぼーに強いな」
「そうかな~、そうでもないよ」
そういえば倒したことあるって言ってたな。
ま、相手はプロだし、娘だし、手加減してやってるんだろうけど。
「お父さんの話はもういいじゃない。気分が盛り上がるDVD観よ!」
出たよ。
「お前、それは気分じゃなくてあっちが盛り上がるDVDだろ」
「いいじゃない~」
何かって言うとあっちのエロDVDをもってきて観ようとする。
お陰でレンタルしないで済んでいるが。
にしてもアッチは色々凄いな。
お父さんから送ってもらっているらしいが、どういう親子関係だ。
「前も言ったけどお父さんとはやってないからね」
俺の疑念を深読みしたか。
というか察しがいいな。
さすが天才格闘家の娘ってところか。
「やらいでか!?」
「やらいでかって・・・どういう意味?」
「なんでもない」
まだ古い言い回しや細かい表現はわからないらしい。
あっちの話だけは詳しい。
「ねー何時になったら私の番がくるの~?」
「いつも何も、まだ一人目すらおらんのに」
「だからすぐOKしてくれる子知ってるから紹介するって」
「そういう問題じゃないんだ。何度も言わせるな」
彼女は僕とヤリたがっている。
以前聞いた話だと、コンプ目指しているフィギュアに空きがあるようなものらしい。
彼女に限らず、どうやら女性には男と違った意味でのコレクション癖があると感じる。
にしても俺はフィギュアか!
初めては大切にしたいんだ。
いや、出来れば三人目までは。
何かしら心が通じたというか、愛が芽生えたというか、ズドンと来たというか、そういうものが欲しい。
「まだ来ないの?その、パンパンってヤツ」
「パンパンじゃない、ズドンだよ」
「ズドンだってイヤラシイ・・・」
「パンパンの方がイヤラシイだろ」
彼女は確かに可愛いし、すっかり美人になったし、エロさに磨きがかかっている。
でも、なんか違う。
ヤリたくないといえば嘘になる。
寧ろヤリタイ。
ていうかヤラセテ!
でも、最初ぐらいは・・・いや、せめて三人目ぐらいまではそういうものが欲しい。
多分それが愛だと思う。
俺も願わくば速く済ませて彼女とヤリタイんだが、これがどうしていない。
「待ってくれ、俺だってヤリタイんだから」
「あれ!?愛の告白ぅ」
こんなカッコ悪い愛の告白があるか。
真面目なんだか不真面目なんだが、目を輝かせながら俺を見ている。
くっそ可愛い!くっそ可愛い!
「違うけど」
「待てない!」
「だから触るな!」
「もー」
彼女は何かっていうと触る。
それでいてこちらからは触らせてくれない。
これは天国であり地獄だ。
豪勢なご飯が目の前にあるのにずっとドッグフードを食べさせられている気分。
ご飯に手を伸ばそうもんなら大変な目にある。
こんなことならいっそドッグフードしか無いほうがいい気さえする。
「初めては彼女の為に全部とっておきたいんだ」
「ほんと乙女ね」
「お前がスレ過ぎなんだよ」
「アレだけに?」
「ドレだよ」
「タイムリミットはないの?」
「んー・・・・四十・・かな」
「おっそ!!」
「いや、五十だな・・・」
「伸びてるし!」
「ま・・・出来るだけ早く済ませるから・・・せめて一人・・・いや、二人・・・やっぱり三人かな~」
「結局 変わんないし!も~今が旬なのになぁ~。美味しいと思うよ~」
身をくねらせる。
美味そうだ。
食べたい!でも・・・・!
クソ、なんていう天国であり地獄!
「そういえば高三の時も言ってなかったか?熟れ頃って」
「憶えてない」
これだ。
こいつのいい加減さときたら本当に閉口する。
お前の記憶力はどこへいってしまったんだ。
外付け記憶装置が必要なんじゃないか?
「いつだって旬ってことかね?」
「そういうこと!」
だから腕を絡めるな。
ムラムラするだろ。
メソは実に不思議。
腕は絡めるのに、その放漫なオチチは押し当ててこない。
あてないよう絶妙な距離を保っている。
格闘家の本能というやつだろうか?
間合いを保っている。
俺がさりげなく肘を当てようとするとスッ腕を引く。
初めこそは偶然かと思ったがワザとだったようだ。
一度、思っきり肘を擦り付けようとしたら投げられた。
世界が一瞬で一回転。
オーバー・ザ・ワールド。
「なら五十でも旬ってことだな」
「え~!」
「あ、なに、違うっていうの?それ俺の母ちゃんの前で言える?」
「女は五十でしょ!」
なんという代わり見の速さ。
でもコイツが言うとなぜか嫌味がない。
思い返すとメソが誰かの悪口を言ったことを聞いたことがない。
この嬉しそうに笑う顔の可愛いっさったらありゃしない。
キスしたいのを俺がどれほど我慢しているかお前はわからないだろ。
そもそも俺のどこかいいんだ?
特にこれといって美男子でもない。
運動神経が抜群でスポーツマンってわけでもなければマッチョでもない。
勉学に優れているわけでも学才的センスがあるわけでもない。
趣味もこれといって無いし、何かに凝っているわけでもない。
肉食系でも無ければ草食系でもない。
Mr.大凡人!この俺の何がそんなに気になるんだ?
不思議だ。
何がしたいのやら・・・。
ナニがしたいんだろうけど。
奴の本音が全くわからない。
「暇だよぉ~ヤロウよぉ~」
「お前は暇だとヤリタクなるのか」
「なるでしょ」
「なして?」
「なして?・・・って」
「なんで?」
「あ~。だって人間って暇だとやるこないからヤリマクルらしいよ。だから人口が増えるんだって。先進国の人口が少なくなるのは忙しいからよ。研究結果でそう出てるもん」
「そうなんだ・・・知らなかった」
「というわけでヤロウ」
なんなんだお前は。
すんごい脳内お花畑に見えて妙なところで詳しい。
そういえば高校ん時も俺より成績良かったな・・・。
考えてみると俺はコイツに全ての点で負けている気がする。
お前なんなんだと同時に俺はなんなんだ。
「わかった!」
俺はすっくと立ち上がる。
「やる!?」
いそいそと布団を敷き出すメソ。
実にアグレッシブ。躊躇というのがない。
甲斐甲斐しいとはこのことか。
「え、どこいくの?」
「散歩だ」
「えーーー!」
「暇だしな」
「じゃ私も行く~」
布団の用意も中途半端に玄関にいる俺に飛んで来る。
なんなんだクソ可愛い生き物は。
全く不愉快そうな顔すら見せない。
理想的!理想的過ぎる!
なんなんだお前。
お前が可愛い過ぎて狂い死にしそうだ。
そして相変わらず腕を掴みながらもチチを当てることはない。
なぜだ・・・当てていんだぞ遠慮するな。
「お前・・・本当に可愛いな」
「ヤル?」
もう少しコレをなんとしかして欲しい。
ムードもへったくれもないじゃないか。
「いつかはな」
「いつかとお化けは出た試しがないってお爺ちゃん言ってたよ」
「そっか、お爺ちゃん賢いなぁ」
「でしょ~」
嬉しそうだ。
お爺ちゃんっ子か?
キスしたい。
前にキスしようとしたら身体が縦に回転したっけ。
何が起きたのかわからなかった。
「じゃ、行こうか」
「うん」
いいのかよ。
全くメソは不思議な子だ。

Published inやりすぎな彼女と乙女みたいな俺

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。